Chinese
  Japanese
   
     
  ソリューション&製品  
     
 
  ロジスティクスネットワーク最適化
 

■システム目的

 

課題

企業におけるロジスティクスコストは輸配送コスト、在庫コストに分かれています。物流拠点の設置、工場、物流センタ及び顧客の間の需給関係、輸配送リードタイム、企業商品状況、商品配送方式、在庫策略等は、コストに影響する要因である一方、在庫コストと輸配送コストも互いに影響しますので、全体ロジスティクスコストを最小化するために、在庫コストと輸配送コストを両方とも考えた上、合理な物流ロジスティクスネットワークの確立の同時に、最適な在庫策略と輸配送方案の考慮が必要となってきました。

■対策

→品目-顧客、品目-拠点の出荷分析結果によって、ネットワーク配置の啓発式規則で最適な品目ネットワークが求められます。

→現場の専門家は品目流れを変更した場合、在庫と輸配送をそれぞれ再度シミュレーション可能です。人間が参加できる、柔軟性があるシミュレーション機能を提案します。 

→安全在庫策略を自動的に配置します。品目全体の輸配送ネットワークで日次の生産量、入出庫量、在庫量の計画を立てます。サービスのレベルに達するため、在庫制約条件を緩和して設定することも可能です。これらの手法で最終的に企業の在庫コストを最小化する在庫策略を提案します。

→顧客が指定した配送状況を考慮した上、地域配送の平均化、容積率と高空車率の改善、中継点の最適化配置を求めるこのによって、最適な輸配送計画を提案します。同時に、専門家は経験により車両最大运走行時間、最大経過拠点数、マージセンターの配置などが手作業で調整でき、手作業した場合、シミュレーションエンジンを利用して再度計算し、人間経験に合わせる輸配送計画を提案します。

UNITYシステム特徴

ロジスティックス活動は高度で多様な需要に応えなくてはなりません.この課題間にはトレイドオフ(二律背反)関係にあることが多く、その対応はロジスティクス部門に止まらず生産販売も含めた全社、そして他社間協力へと拡大しています。従ってこの解決は決して容易でないことが多いです。反面、これらへの挑戦によってシステムを高度化してきたともいえます。 LNOは輸送費と保全費等を総合したトータルロジスティクス費用の削減、トータルロジスティクス費用と納品サーヴィス水準の調和を考慮したロジスティクスシステム全体の効率化システムです。

ロジスティクスネットワーク最適化システム

■システム目的

■機能紹介

1.段階アプローチを採用

2 輸送距離、車両数、容積率との三つの要素を考慮しながら、最少の総合コストを求めることが可能です。

3.複数輸送手段の自動選択

4.在庫の後方配置による在庫最適化と輸配送コストの最適化計算を行います。

5.各種制約条件の取り扱い

■「ロジスティクスネットワーク最適化」全体の概念図

システム構造図

将来に対する予測データを扱うべきですが、現状があまり変わらない場合に実績データを扱っても宜しいです。

トランザクションに出荷出庫に関する輸配送データのみがあるのは可能です。短期間の配車経路計画は立てられます。

各部分の可視化を対応しました。

 

 
 

Copyright 2010-2020 Beijing Unity Information Technology Co.,LTD All Rights Reserved

京公網安備110108008221号

工信部許可備案号:京ICP備09109275号-1